>

どの素材を使って治療するのか

銀歯は価格が最も安い

虫歯になって歯を抜いた時に、代わりの差し歯を入れなければいけません。
歯が無いままの状態だと、食べ物を上手く噛むことができなくなります。
また傷口が上手くふさがらず、バイ菌が侵入することもあるので必ず差し歯をしなければいけません。
最もメジャーな素材は、銀歯でしょう。
特に理由がなければ、銀歯を詰められるケースが多いです。

銀歯は価格が安いので、治療費を安く済ませたい人に向いています。
ですが、目立つというデメリットがあることを忘れないでください。
また、銀は金属に含まれます。
金属アレルギーの人が銀歯を入れると、身体に異常が見られる可能性があるので気を付けてください。
さらに長い時間使用していると、銀が溶けることもあります。

セラミックの特徴を把握しよう

最近は差し歯をする時に、セラミックを選択している人が増えています。
セラミックは、本物の歯とそっくりにできています。
ですから、差し歯をしていることが気づかれにくいという部分がメリットです。
見た目を気にする人は、セラミックを選択しましょう。
ですがセラミックは、価格が高いです。
普通の虫歯の治療でも、セラミックを選択したことが原因でかなり高額な料金になる可能性があるので、医師に料金を聞いておきましょう。

高額ですが耐久性もあるので、選択して損をすることはないと思います。
最初から虫歯の治療をする時にセラミックを使いたいと考えているなら、安い価格で治療している歯医者を見つけると良いでしょう。
すると負担が少しは軽減されます。


この記事をシェアする