異変が起こったらすぐ歯医者に行く

>

保険が適応される場合とは

健康保険の仕組みを知っておこう

保険が適応されると、患者の負担する金額が3割で済みます。
あとの7割は支払わなくても良いので、お金のことを気にしないで、歯に異変が起こったら歯医者に行ってください。
保険が適応されないと、10割全てを患者が負担します。
治療をするだけなら、1000円程度で済むかもしれません。
ですが差し歯を入れる場合は、5000円近い金額になります。

保険を適応させてもそのぐらいの金額なので、適応できなかった場合はさらに金額が高くなります。
なるべく、保険を適応できる治療方法を選択した方が良いでしょう。
医師と相談して治療方法を決めると思いますが、その時に保険が適応されるのかどうかも必ず聞いてください。
それから判断すれば、治療費が高くなりません。

保険を適応できないケース

病気の治療ではなく、身だしなみを整えるために歯医者を利用する場合は、保険を適応できないことが多いです。
歯を白くしたり、強制したりする時も歯医者に行って施術を受けます。
身だしなみを整えることが目的なので、保険が適応されない可能性があります。
また特殊な治療方法を選択した際は、保険外だと言われることがあります。

身体に負担が掛からなくて、短時間で終了する治療方法を選びたいかもしれません。
ですがマイナーな治療方法は保険を適応できないことが多いので、高額な治療費を請求されます。
どうしてもその方法を選択したいなら、どのくらいのお金が必要になるのか調べてからお願いしましょう。
お金を用意してから歯医者に行ってください。


この記事をシェアする